赤ちゃんに与える水は安心して与えられるものを選ぼう

赤ちゃん

失敗しない選び方

母子

赤ちゃんができたら用意するグッズでも重要なのが哺乳瓶です。「市販の可愛いものでいいや」と簡単に買ってしまうと後で後悔するかもしれません。哺乳瓶選びのポイントは、乳首の形が母乳に近く、でる量が適切かというポイントです。でる量が少ない、多すぎてむせる場合には乳首を変える必要があります。赤ちゃんが哺乳瓶に慣れすぎて、母乳を飲まなくなることもありますが、乳首の形が近ければ母乳との併用も問題なく続けられます。赤ちゃんに母乳を与えないと、母体の方が熱をだしたり体調を崩したりすることもあるのである程度の期間までは母乳と併用させると良いでしょう。次に分解掃除や洗いやすいかどうかも重要なポイントです。口が広い哺乳瓶ならミルクを入れやすく、洗う時も便利です。赤ちゃんをあやしながら哺乳瓶に粉ミルクを入れようとすると、少しそれて瓶からこぼしてしまうことも多くあります。広口タイプならスプーンを中に入れてこぼさずに瓶に収めることができます。また、手指を入れてこびりつきを綺麗に洗えるので、衛生的に保つことができます。安心して使えることが赤ちゃんグッズには重要です。次のポイントとしては重くないか、赤ちゃんが掴んで持っても大丈夫かを配慮してあげると良いでしょう。重たいと落としてしまう恐れもあります。また熱さが伝わりやすいと低温やけどなどの症状がでることも考えられるので、使われている素材にもしっかりとこだわって安全性の高いものを選びましょう。