赤ちゃんに与える水は安心して与えられるものを選ぼう

子供

衛生面の管理が重要

乳児

ベビー布団を選ぶ時には、通気性と衛生面をしっかりと考えて選ぶことが重要です。汗やよだれなど、雑菌の温床になりがちなベビー布団は簡単に洗濯することができるものを選ぶと良いでしょう。

この記事を読む

体の半分以上を占める割合

赤ちゃんの手

大人と同じような働きができるほど、生まれたばかりの赤ちゃんの体は整っていません。デリケートな赤ちゃんの体を気遣うのなら、食べ物だけではなく、水にもこだわりたいものです。大人でもお腹を壊すこともある硬水や、ミネラルが多すぎる水は赤ちゃんにとっても良くありません。日本の水は基本的に軟水ですので、飲みやすい軟水のウォーターサーバを用意すると子育てが楽です。ウォーターサーバは、即座にお湯をだすことができるので、すぐにミルクを適正温度で作ることができます。夜間にお湯を沸かせて、温度を適正温度まで下げる手間もないので、すぐに用意することができるのです。しかもウォーターサーバでボタンを押せばお湯がでるので簡単です。下に哺乳瓶を立ててお湯を受けることができる受台がついているものなら、片手でミルク作りができるので赤ちゃんをあやしながら作ることもできます。水のボトルをセットし、定期的なメンテナンスを受けていれば常に清潔で安心の水を利用することができます。赤ちゃんの体は70%が水分で作られています。大人も60%前後は水分でできています。体を構成する水は重要なものです。赤ちゃんには安全で安心して与えられる水を用意しておきましょう。また、水の質が変わることで体調が改善することもあるので、赤ちゃんだけでなく家族の消化器官や腎臓などの負担を軽減するためにも、良質な水のウォーターサーバ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

失敗しない選び方

母子

実は適当に決めてしまうと後で失敗するのが、哺乳瓶です。見た目の可愛さだけではなく3つのポイントを押さえてしっかりと選びましょう。ポイントは使いやすさと、赤ちゃんへの気遣いです。

この記事を読む

買うよりも借りるがお得

赤ちゃん

価格が高いチャイルドシートは成長に合わせて買い直す必要がでます。レンタルなら、買うよりも安くて安全に利用することができます。賢く選ぶなら比較サイトやランキング情報からレンタルショップを探しましょう。

この記事を読む